イオンカードはこんなにお得だけど改善をして欲しいことも確かにあります

クレジットカードを作りたいと思う時に、なじみ深く身近で見かけることも多いイオンカードを検討している方も多いでしょう。
確かに、年会費無料で5%引きになる20日と30日のお客さま感謝デーもあるので毎日の買い物でもメリットを感じられるのがイオンカードならではですね。
また、それだけではなく電子マネーのWAONも使えるので、さらに利便性も高くなり買い物の時に支払いで小銭を出さずに済むようになります。

 

そして、ショッピング保険が180日間有効というのも、いざという時に安心感があるのもメリットの一つです。
さらに、映画好きな方なら提携している施設なら優待割引が受けられるので、お得に映画を楽しめるようになります。
300円割引になるのですが、映画好きの方なら正規の料金を支払うよりも、毎回割引になれば年間でもかなりのお得感がありますね。

 

ただ、ポイントの還元率が低いのはデメリットだと感じる方も多くなっています。
税込200円ごとで1ポイントが貯まるので、ポイント還元を意識して買い物をするのであれば、他の還元率の良いカードを選んでみる価値もあるでしょう。
還元率が低いので、イオンやマックスバリュでは、毎日ポイント2倍になっているものの2倍であっても結果的には、1%還元となってしまうのは、改善して欲しい点だと言えますね。

 

しかし、還元率の低さがあってもそれ以外のメリットが大きいと感じられるものが多いので、多くの方から支持を受けていると言えます。
イオンカードなら様々な種類もあるので、自分の目的にマッチしているものを選びやすいのも魅力ですね。

作ってわかったこと

イオンカードはイオングループでもちろんポイントがたくさん貯まるというカードです。

毎月20日、30日には買い物額から5%が割引されたり、その他にも5日や15日などの5が付く日はポイントが2倍になったりとよくテレビで宣伝していますよね。

 

ここまでは私も作る前からなんとなく知っていました。ここからは作ってからわかったことなどを書いていきます。どこのカードもそうですがイオンカードもイオングループで使える優待券が毎月送られてきます。

 

但しほとんどがイオンのレジでしか使えないものなので、イオンによく行くと言っても専門店をよく利用される方にはあまり嬉しくないかなと思います。

 

食料品はよく買うしイオン内のレジに該当するからと私も喜んでいましたが小さく食料品では使えないなどの記載があります。

そこはかなりショックでした。

 

せっかくの優待券も最近では毎月きちんと送られてきても捨てる始末です。逆にごくまれに専門店だけで使えるというのもあります。

そういう場合は私は嬉しいですね。

 

専門店も多く入っているイオンがほとんどだと思うのでもう少し私みたいな人にも優待してほしいものです(笑)最近ではクレジット無しのポイントカードも出来たらしく元々クレジット型を持っている私は2枚所持しているので損な気がします。

 

ワオンは使わないので使うとポイントの貯まり具合もまた変わってくると思いますし、イオンやダイエーなど近所にあるなら作ると良いと思います。

私もよく行くので作りましたし、デメリットも強いて言えばイオン以外で使うのは損かなと思います。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ